2021/10/14 17:30:00
  • 糸魚川農業情報メール

【糸魚川農業情報メール】No.626
-----
【米の収量と品質の安定は土づくりから】
●秋打ちの実施
・収穫作業は一部を残して終了し、土壌改良材の施用と秋打ちをされた農家も多いようです。
・今年は収穫後乾いた水田も多く秋打ちが可能です。
・秋打ちの主な目的は、稲わらをすき込み、翌春の田植えまでに土中で腐らせ、土に変えていくことです。

●重要なポイント
・土が有機物を腐らせるために、適度に乾いていること。
・平均気温が15℃以上あること。
・腐熟促進材のアグリ革命・ワラクサールファイン・スーパーワラブレンド等を施用後に秋打ちすると更に効果が高くなります。


【配信者:JAひすい営農部 電話番号0120-640-184】
-----
糸魚川農業情報メールサービスの解除はこちらより行ってください。
{DELURL}


  次ページへ>>